発酵食品を積極的に食べる

美容と言っても、私の場合は肌がデリケートなので、化粧品を変えたりするのはトラブルになることも多くてあまりできないのですが。
日々の食事では食物繊維を含んだ食品をとるようにしたり、夏でも冷えたものばかり食べないようにしたりと気をつけています。

その中でも、腸の調子を整えるためと健康のために発酵食品をなるべく食べるようにしています。
特によく食べるのは、ヨーグルト、チーズ、納豆、ぬか漬け、キムチです。

また、調味料も味噌、醤油、ナンプラー、塩麹、バルサミコ酢などで味付けしています。
発酵食品には、脂肪の合成をおさえる作用や、整腸作用があるそうです。
食べたからと言って、すぐに体重が落ちるような劇的なダイエット効果はありませんが、便通が良くなるので腸の調子が整い、それに伴って肌の調子も良くなります。

やはり、便秘は美容の大敵ですからね!
この時期のおススメは、ゴーヤチャンプルや豚キムチです。ゴーヤのビタミンCは加熱に強いですし、豚肉のビタミンB1は鶏や牛の10倍と言われています。
豚肉で疲労回復しながらビタミン摂取し、味噌やナンプラー風味で整腸作用を増進させて、今年の夏も健康的に乗り切りたいです!