美容のためには五感を研ぎ澄ます事が大事

私が普段美容のために気を付けている事は、五感を鍛える事です。
五感が鍛えられると、自然と美意識も高まるような気がします。

それで1日で一番多く過ごす部屋は、視覚を研ぎ澄ますためにもインテリアに凝りながら常に雑誌やネットでおしゃれな家具やクッション、雑貨のチェックをしておしゃれな物があったら、即購入してそれまで使用していた物と取り換えるようにしています。

自分の顔も毎日飽きるぐらいに何度もチェックしながらメイク法を毎日微妙に変えています。
新しいメイクアイテムが、メーカーから開発されたらチェックしておいて、美容成分が高い物や仕上げり感が期待出来そうだったら購入するようにしています。

嗅覚を鍛える際にも、天然ハーブのアロマの香りを活用して、昼間心身をリフレッシュさせたり、夜リラックスさせたりとコントロールしています。

やはり美しくなるためには、常に今までの自分をリセットしていきながらきれいに生まれ変わる努力をしていく事が一番大事だと思いました。

外見だけでなく内面を磨く事も手ぬかりなく

私が日々美容のために気を付けている事は、オーラを磨く事です。
よく芸能人等でオーラがある人といった言葉で、きれいな人や輝いている人の魅力をたとえていますが、オーラって実際には目に見えないので実は自分磨きをする中でも一番難しいのです。

でも日々生活していて、オーラを磨くには例えばダンスを踊ってリズム感を身に付ける、きれいな仕草を身に付ける、反射神経を磨く、無駄な脂肪のないボディを構築する、精神を鍛えながら内面を磨いていくといった事が有効なのかもしれないとわかってきました。

それで普段暇があると、いろいろな種類のダンスを踊ったり、読んで精神の糧となるような書に目を通しながら、良い記事があったらコピーしてノートに貼って行って、暇を見つけては読み直したり、朗読しながら自分のものとして身に付くように努力しています。

こういったストイックな努力が、内面からこみあげてくる自信を少しずつ作り上げてくれるような気がします。
自分磨きも多角的なビジョンを持って取り組んでいくと、大変面白いなと思いました。