1日に1度、蒸しタオルで温めてリラックス

蒸し器で濡らしたタオルをいっぱい蒸しておいて、1日に1度顔や背中に乗せて体を温めています。
熱し過ぎてしまうと火傷してしまう事もあるので、適温になってから使っているのですが、繰り返し活用するだけで少しずつ血流が良くなっていくような感じがしています。

いっぱい歩いた日などにはももやふくらはぎも当ててあげると次の日には疲れがとれます。
あと、なんといっても一番嬉しいのは、顔の毛穴が綺麗になってくれるというところです。
蒸しタオルを当てる事で黒ずみや角栓がだんだんとなくなっていくので、肌本来の自然な透明感が増えてきている感じがしています。

ファンデーションを薄く塗るだけで十分なので、なんだか節約まで出来てしまっている気さえします!
毛穴をキレイにするのにパックに時間を使うのなら、蒸しタオルを使ってキレイにする方が刺激を与えることがないのでお肌にも優しいと思います。

綺麗な自分でいたい!って願うのは年を取ったっておなじです。
年齢のせいにして美しさを維持する事を割り切ったときから老化が始まると意識しているので、歳をとる事に恐怖心はありません。

気持ちの老いの方が恐ろしいのです。
私は良い歳なのですけど「まだ先は長いんだから」という心はいつでもあるのです。

だからでしょうか「年齢を感じさせない」とお友だちから言われる事もあります。
そう言ってもらえて嬉しくないはずはありません。
「年齢不詳」とか「年齢を感じない」って言われたりしたら何となくウキウキ!その幸せ感が私に力を与えてくれます。

運動は週に四回で実施しています。
フィットネスクラブ限定の運動で絶対に屋外のスポーツはしません。
外でスポーツをするとしたらそれは綺麗を維持することをやめる時。

日差しを浴びたくないですし虫に刺されたりしてもお肌が汚れます。
室内のスポーツで運動しているのでご飯もおいしく感じます。

毎日のご飯をおいしく頂くことも美容に欠かせませんよ。
成人してからの10年間は多少生活リズムが崩れても肌はツヤツヤしていて肌の調子は良好でした。
けれど三十路を越え、四十代が見えてくると、お手入れしないとさすがにお疲れ顔?といった事態になります。

ただ、物ぐさなので、いくつもの美容液などをチェックしてサンプルを取り寄せて使ったり・・・などそんな大変なことをこの私がやるわけありません。

気を使っていることは「眠り」です。
昔はストレスがあっても就寝出来ました。
近ごろは精神的に疲労していると眠れません。

直ぐに不眠症っぽくなっちゃうのです。
お母さんや、そして会社の女性上役からの忠告が「ねる時に色々と思案することは禁物」って話。

その時は夜中に心配してもネガティブになるだけだからかなという解釈だったんだけど、そういう事ではありませんでした。
色々思いを巡らせていると寝つきが悪くなるという事だったのです。

ですから早めの就寝を心掛けて早いところ横になります。
好きな本など読んでいるといつの間にやら睡魔が襲ってくるのでそのタイミングで抵抗せずに眠ってしまいます。
11時台までに眠る事はとても美肌作りに役立つと言われていますが、本当につぎの日の肌コンディションが顔を洗った瞬間に分かるのです。

睡眠不足の日はハリ感が無いのですが、よく寝れた日にはふっくらとした感じがわかるんです。
費用なしの簡単な美肌作りです。
更にサプリや美容ジェルなどもプラスすると言うことなしですね。