ダラダラしてぐうたらな毎日を送っていると体もだらける

理想の体型を保つのは長年の課題です。
これからもダイエットを継続していきます。
食事制限をしたり、ボディケアしたりして、理想の体を維持したいと思います。

カロリーの高いラーメンは1ヶ月に1回、外食も一ヶ月に1度、自宅で自炊する。
とんかつより焼き魚、サラダを多めにして、小麦をなるべく避ける。
一週間に二度ほどスポーツジムへ通い、週一で水泳、朝早起きしてジョギングして、洗濯や掃除をしながらの運動。
きちんとした毎日を送り、お酒は避ける。

このような毎日は体にもとても良いと思います。
病気もせず、風邪もひきません。

ダラダラして、ぐうたらな毎日を送っていると体もだらけてしまいます。
「部屋が汚れている人はデブ。」そういう人は沢山います。
体型をキープすには手を抜かない事。

頑張らずに手に入れられる物なんて無い。
美しい人は頑張っている、女優さんだって。

ずっとキレイでいられるのは本人は当たり前ですが、周りの方々も気分がいいのではないかと感じます。
会う人たちへの礼儀じゃないですか?
第一印象が良く、初対面の方からも好かれるのではないでしょうか。
加齢には勝てませんけど、出来る限り張り合って行きたいと思います。

いつも必死に身体を動かして掃除や洗濯をすることが美容に役立ってます。
主婦は掃除洗濯をしつつ身体をほぐしてスタイルをキープするのがいいでしょう。

掃除洗濯をテキパキこなせば自分もスッキリしますが家族が喜びます。
部屋の片づけをがんばってこなせばキレイに片付いた部屋に入って子供たちも喜んでくれるでしょう。
掃除洗濯のときは身体を使いますよね。

たとえば布団干しだってバルコニーへ布団を持って行きます。
この時私はふとんを楽に運んでいくんじゃなくてちょっと腕が重さを感じるようにベランダへ持って行くんです。
バルコニーに布団を干すだけでも二の腕のたるみに効果的なストレッチになります。

食器洗いは食洗機を使いません。
ごくたまに使いますが日頃から手で食器を洗うようにしています。

その時つま先立ちを繰り返します。
脹脛の部分が伸縮をするのでピンと引きしまった足を維持できます。

家事はやらずにはいられないので継続できる運動として一生懸命にやっていますがけっこう効果がありますよ。

吹き出物ができないように、お風呂に入ったら洗顔は最後にします。
十代の時、ニキビをどうにかしたくて、雑誌でそのような情報を読んでいると、お風呂での洗い方の順序を書いてある文章を見かけました。
洗顔後にシャンプーで髪の毛を洗うと、わざわざキレイにした顔に皮脂汚れなどを含んだ泡や、シャンプーリンスそのものが付いてしまうので洗顔が無駄になってしまうみたいです。

それらを顔に残したままだとバイ菌が増殖しにきびの原因を作るとありました。
いかにも言われてみればそうですよね。

実際に私は当時洗顔後にからだを洗って、汚れを落としたら風呂に一度浸かって温もってからシャンプーして終わりでした。
この洗い順がにきびができる原因のひとつだったのかと思いすぐに改めました。
同じ理由から胸や背中などのにきびを作ってしまうと考え、洗う順序は髪・体・顔に変えました。

それ以降今までこの方法で洗っていますが、ニキビは格段に減りました。
顔のにきびはまだ十代ということもあったと思いますが、からだのニキビは驚くほどに少なくなりました。
習慣を見直せば毎日でも面倒なことではなくこれからも続けていけるので根本から改めることになってかなり良くなりますよ。
おすすめです。