自分の暮らし方に合った生活リズムを持つこと

自分が「美容」に関して考慮している事は、生活習慣を整えることです。
大学生の時ですが、午前午後は勉強しに行き、夜間~朝方にかけてはカラオケ店の受付、という日々を繰り返し、眠っている時間や食生活がいつもバラバラでした。

そんな不規則な生活だと、顔面に赤ニキビが出来てしまったり、お化粧が上手くいかなくなったりと、お肌の調子が悪くなっていきました。
「にきび」やなんかは、きっと若さのせいだと考えていましたが、夜働くことをやめて、1日3食、「6時間以上の眠り」を確保するようにしたら、吹き出物とかも出来なくなり、お友だちに「近ごろツヤツヤしてるよね?」と質問されるくらい、美肌になりました。

何かと、「不規則な生活を改善しよう」なんて呼びかけがありますが、その人その人の暮らし方によってはなかなか思い通りにはならないですよね。
若いころは、親に迷惑をかけない為に授業が終わった後にアルバイトすることは、必須でした。

また、職に就いている方は労働環境によって、労働時間が暮らしに影響してしまいます。
あたしはそんな中で、きっちり自分なりの「ペース」や「リズム」で生活する事が肝心だと思っています。

1日のなかで3回、ゴハンを口にする時間を決める、どれくらい眠る、などという、自分の暮らし方に合った、生活リズムを持つことが、肌荒れ防止に役立ちます。
しっかり眠るという事は肌には重要です。

分かってる、という人もいるかもしれませんが、眠っている時に肌が生まれ変わったり、眠る事により、疲れを取り除くことができます。
疲労が溜まってしまうと、ストレスに繋がるので、イラついてしまったりします。
お肌にとってはストレスは敵になります。

ストレスがあるとお肌が荒れる事があります。
基本的には7~8時間は睡眠時間をとります。

その時、マスクをするように心がけています。
睡眠中、マスクをつけてもつけなくてもそんなに差は無いという人もいると思いますが、マスクをすることによってしっとりとしたくちびるになると思うので、マスクは必需品です。

のども潤われると思うので、美容のほかにも健康面でも役立っているのかな、なんて思っているのです。
睡眠時間が長ければ良いという訳じゃなくて、良質な睡眠になるように寝る前にはアロマも使ってくつろいでいます。

女の人にとってはお肌の敵となる乾燥。
みなさんはこの乾燥する時期どのようなスキンケアをしていますか?

乾燥する季節は、乾燥する事で皮膚の表面が見た目には分かりませんがはがれてしまいます。
そのめくれている部分に、乾燥した空気が当たりより一層乾燥して紫外線のダメージも与えられてしまいます。
このケアをしっかりとしておかないと、肌へのダメージは大きくなるばかりなのです。

だったら、どのようなお手入れが効果的なのでしょうか。
私がオススメするのは、「保水保湿」の高めるケア方法です。

お風呂から出て、皮膚が柔らかいときに、保湿力のある「オリーブ油」をすりこみます。
オリーブオイルは薬屋さんに売っている純度の高い物でコスパの良いオイルだと思います。
手のひらに数滴取り、手のひらの熱で温め乾燥している部分に塗っていきます。

それだけでも良いのですが、乾燥具合がすごくて、肌がひび割れてしまっている場合はその部位を手袋などで覆うと一段と効果が増します。
肌にも良くて非常にしっとりするので、乾燥する冬に試してみることをお勧めします。